前へ
次へ

共働き家庭の子どもの教育について

共働き家庭は、両親ともに忙しく、子どもの教育に割ける時間が少なくなりがちです。金銭的には余裕のある家庭も多いため、小学生以上になると塾などの習い事を子どもにさせる家庭も多いでしょう。確かに塾などで専門スタッフに勉強を教わるのは効率の良い方法とも言えます。しかし、任せきりでは思ったような教育効果を得られない場合もあります。小学校高学年ぐらいから徐々に学習内容は難しくなってきます。なので、定期的に理解度を親が見てあげる事が大切です。塾などのテストでは、慣れなどからある程度の点数が取れていても、うわべだけの習熟度なケースもあります。しっかり理解できずに時がすぎると、中学生以上で学力が伸び悩むケースも多々あります。学習面だけでなく対人スキルも、家庭で親との対話の中から学ぶことも多いです。忙しい時でも、子どもの話に耳を傾けましょう。親も意見を述べるなどして、しっかりコミュニケーションをとっていく事が大切です。

Page Top