前へ
次へ

幼稚園から高校を卒業するまでの教育費は

食費や洋服など、子供を育てるには色々な費用も掛かりますが、とりわけ大きな金額となるのが教育費です。公立校を利用すれば費用は抑えられるとはいえ、それでも一定の費用が掛かります。しかも教育費は授業料だけにとどまらず、塾や部活の費用など、そのほかの部分でもそれなりのお金が掛かるのです。例えば、幼稚園から高校を卒業するまで、全て公立校で済ませたとしても、一人あたりの教育費は500万円を超えるとされています。そして、もしも全部私立校に通えば1700万円を超える場合があり、公立校のおよそ3倍以上の資金が求められます。そのため何れの場合でも、教育費は計画的に蓄えていく必要があります。その際に活用できるのが学資保険であり、返戻率が100%を超える商品を選んでおけば、支払った保険料より多額のお金が受け取れます。また、契約期間中は保険料という形で保険会社に対する支払い義務が生じるため、自前で金融機関に積み立てるより、確実に教育費を蓄えられるのです。

Page Top