前へ
次へ

将来のことを考えて教育費を蓄える

結婚して子供をもうける予定であれば、結婚してからできるだけ将来の子供のためにお金を蓄えていきましょう。子供が小さいうちはそれほどお金はかかりませんが、幼稚園や保育園、更には小学校、中学校と年を重ねていくうちに教育に罹る費用はどんどんと膨らんでいきます。子供に教育費をかけることができなくなると、それだけ子供の学力にも影響してきます。学力をつけなければ、将来子供が社会人になった時の稼ぎにも直結してくるでしょう。ですから、できるだけ子供のための教育費を蓄えておきましょう。学力がないと社会人になって必ず良いお給料を稼げないわけではありませんが、一般的には学力と稼ぎは比例しています。教育ローンを組んでおくのも良いですが、ローンに頼らずに貯めることができればベストです。そして、子供が社会人になってから、自分の老後のためにお金を蓄えていくと良いです。なかなか子供が学校に通っているうちに老後の資金は貯められれません。

Page Top