前へ
次へ

勉強などの負担になる習い事は問題

子供に習い事をさせる時期としては、おおむね小学校在学中かも知れません。小学生は学校の授業以外にクラブ活動などがなく、放課後などに時間的余裕があるケースが多くなります。その時間を利用して通わせれば時間の使い方が良くなるなどいろいろ良い効果も得られるでしょう。しかし中学受験などをさせようとするときには勉強の時間が必要になります。中学受験のための習い事なら問題ありませんが、それ以外の習い事となると受験勉強に影響が出る可能性があります。その時には習い事を継続するかどうかを考えないといけません。また、習い事が多くあり過ぎて子供がつかれてしまうときがあります。毎日のようにたくさんの習い事をしていると、睡眠時間に影響するときもありそれによって学校の授業中に寝てしまうときもあるようです。勉強などの負担になるようなら習い事を辞めさせたり減らすなどの検討をしなければいけません。複数あるときはどれを辞めさせるかなども考えましょう。

Page Top