前へ
次へ

教育研究の進展を図るために必要不可欠な予算

教育の重要性を否定する人はいないでしょうが、その支援は不十分であると言わざるを得ません。政府予算においては、授業料の無償化が進められていますが、肝心の教育を実施する教育・研究機関に対する経費措置が十分ではありません。日本人のノーベル賞受賞者は続いていますが、その先生方からは基礎研究に対する予算措置の重要性などの提言がなされています。しかし、教育も研究も、実際に世の中に出て役に立つものでなければ、予算が配分されない状況にあります。資源に乏しい日本は、これまで技術立国としてやってきましたが、その背景には優秀な人材があります。優秀な人材を養成するためには、教育研究への投資は必要不可欠ですが、厳しい国の財政状況のため、後回しになっている観が否めません。日本の優位性をどの分野で確立したいのか、国としての戦略がないといけないところですが、小手先の説明に終始している状況です。日本の招来を見据えて、教育研究に手厚い予算措置を講じることが必要です。

Page Top