前へ
次へ

共働き家庭の子どもの教育について

共働き家庭は、両親ともに忙しく、子どもの教育に割ける時間が少なくなりがちです。金銭的には余裕のある家

more

勉強などの負担になる習い事は問題

子供に習い事をさせる時期としては、おおむね小学校在学中かも知れません。小学生は学校の授業以外にクラブ

more

将来のことを考えて教育費を蓄える

結婚して子供をもうける予定であれば、結婚してからできるだけ将来の子供のためにお金を蓄えていきましょう

more

子供に合わない習い事は無理に続けさせない

子供に習い事をさせるとき、できれば体験入学などを事前に受けさせるようにしましょう。スポーツ系にしても学習系や芸術系にしても何らかの形で体験をさせてくれるところがあります。パンフレットなどでは何となくはわかっても細かい事情が分かりにくいでしょう。体験すれば何ができるか等もわかります。ただし体験入学ですべてが分かるわけではなく、実際に入ってから続けにくい問題が出てくるときもあります。子供にとって続けにくい時もあれば、親の目線で見てあまりよくないと感じるときもあります。どちらにしても親としてはそれ以降も続けるかどうかの判断をしなければいけません。子供が嫌がっていて親が続けさせたいなら、子供になぜ嫌なのかを聞き行かせる理由なども教えます。それでも嫌がるならそれ以上続けさせない方がいいでしょう。逆に親が行かせたくないが子供が続けたいときもあるでしょうが、その時も子供としっかり話して無理に続けさせない判断が必要になります。

お客様の声に合わせてつくるランドセル
博多の地から全国の皆様にお届けしています

国と特に密接な関係がある
公益法人への該当性についてご紹介しています

Page Top